エスニック」カテゴリーアーカイブ

東京新宿、おすすめインドカレー店!「新宿ボンベイ」。

私がおすすめするお店は新宿にあるインドカレーのお店ボンベイです。
こちらのお店は昔からあるお店で、インドカレーおお店の中では広いお店です。

おすすめするメニューはボンベイ・チキンカリー(単品980円)です。
鶏肉がやわらかくカレーもくせがなくまろやかです。外国の料理に慣れていない人でも
辛すぎず抵抗なく食べられるおいしさです。

また、1580円のボンベイ・ターリー というディナーセットでは好きなカレーが2種類選べる上に
サラダやナン、タンドリーチキンもついてくるのでかなりお得です。
タンドリーチキンも柔らかくて絶品です。

ナンも手作りでカレーに良くあうおいしさです。
インドカレーのお店のわりに癖がなく日本人が好む味になっていると感じました。

私は辛いもの好きなので、このお店のカレーは全く辛くありませんが
辛い物が少し苦手な方はドリンクにラッシーを頼んで飲むと良いと思います。

新宿ボンベイの店内はレトロで落ち着いていてゆっくりできる雰囲気です。
店員さんはインド人の方が多いですが、接客もとても親切でした。
またちょくちょく通いたいです。

店名:新宿ボンベイ
住所:東京都新宿区西新宿1-18-13 近江ビル 1F
電話:03-3348-3724

埼玉県春日部市にある美味しいカレー屋さん「ラホール」。

埼玉県春日部市に美味しいカレー屋さんがあります。
その名も「ラホール」。
私も十年以上通っていますが、こちらのお店は常連さんが多く、学生時代から通っている、週一でずっと食べてるなどなど、地元民から愛されているお店といえます。

ラホールの看板メニューは何と言っても、カツカレーです。
これさえ食べておけば間違いない、そんなメニューですね。

カレーのルーは独特ですね、あまりカレーっぽくないと言いますか、なんか洋風のソースのようなお味。
これに、サクッサクの衣で覆われたとんかつが合うんです。
まさにベストマッチ。

このカレーはこのとんかつを食べるためにあるのかと思うほど。
週一で通う人の気持ちがよくわかります。

それにこちらのラホール、盛りが良いんですね。
普通盛りでも、他店の大盛りくらいの量が軽くあります。
ですから、大盛りはかなり量が多い。
まずは普通盛りを食べてから、完食できてから大盛りを注文するのが無難かと思います。

ラホールの雰囲気は古き良き喫茶店のような感じ。
漫画本も色々置いてありますし。
接客も過不足なく、ちょうど良い距離間で、心地よい時間を過ごすことができるお店ですね。

店名:ラホール
住所:埼玉県春日部市中央1-12-3
電話:048-761-8923

新宿御苑駅前にある楽しくて本格的なインド料理店「パメラ」。

本格的インド料理のお店「パメラ」は、新宿御苑駅から何と徒歩0分、JR新宿駅からでも徒歩10分くらいのところにあります。
店長はネパールのカトマンズ出身の「釈迦」さん。いつもニコニコ明るい方です。

インド音楽やジャズのライブを開催していたり、カレーバイキングがあったり、デリバリーをやっていたりと、様々な形でお客さんを楽しませる気満々のパメラですが、一番の魅力はやはりその料理の美味しさでしょう。

パメラの一番人気メニューはチーズカレー。
トマトベースのカレーの上に、ピザを作るときに使うような”とろけるチーズ”がたっぷり乗っています。
チーズのほのかな甘みがカレーに溶け込んでいくので、カレーは少し辛めでオーダーするといいかもしれません。

このチーズカレーと抜群の相性をみせるのが、あつあつふわふわの「ナン」。
いろいろな種類のナンが用意されていますが、ここはバター風味が食欲をそそるノーマルタイプのナンをチョイスすると、チーズカレー本来の味が楽しめます。

パメラの営業時間はランチタイムとディナータイムに分かれていますが、ランチタイム中は、このチーズカレーを「ランチブッフェ(バイキング)」または「ランチセット」で楽しむことが出来ます。

平日と土日祝日で、時間・料金が変わってくるのですが、一例として土日祝日のランチブッフェの内容を見てみましょう。

ランチブッフェがオーダーできるのは、11:00~15:30(L.O.14:30)の中の90分間。
料金は税込1,280円となっています。

フードは、◎カレー(日替わり6種類)◎サラダ◎ナン◎サフランライス◎マハラジャ焼きそば◎パコラ(インドの天ぷら)◎デザート。
ドリンクは、コーヒー、チャイ、ラッシー、オレンジジュース、烏龍茶がすべて飲み放題となっています。
1,280円でこの中身ですから、かなりコストパフォーマンスに優れていますよね。

店名:パメラ
住所:東京都新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル2F
電話:03-3350-0208

ベトナムの風を感じるさっぱりフォーのお店、「コム・フォー丸の内店」。

今日ご紹介するのはベトナム料理、フォーのお店です!
今ではベトナムやタイ料理などかなり身近になりましたよね。
味付けが日本人の口に合っていて、それでいてどこかオリエンタル(笑)な雰囲気を感じられる、私も東南アジア料理は大好きです。

さて、今日のおすすめは、東京駅・大手町駅直結のOAZOにあるベトナムフォーのお店、「コム・フォー」さんです。
名前の通りフォーの専門店で、様々な種類のフォーを堪能できます。
メニューは定番の「鶏のフォー」をはじめ、すこし辛みの効いた「スパイシーフォー」や練りごまがふんだんに使われた「ゴマのフォー」などなど。

やはり最初は「鶏のフォー」を食べていただきたいのですが、実は私は「ゴマのフォー」がイチオシ。
味としては、担々麺に近いでしょうか?(もちろん辛くありません)
練りごまがたっぷり入っていて、スープを口にするたびにゴマの香りが広がります。
ゴマ好きな方にはぜひおすすめしたい一品です。

また、無料のトッピングで「もやし・パクチーミックス」、「天かす」がのせ放題です。
パクチー好きな方ならどっさり「もやし・パクチー」を載せて召し上がってください!

ちなみに、どのメニューも価格は800円前後。
丸の内エリアでのランチ、と考えるとかなりお手頃ではないでしょうか?
お店の詳細情報は以下の通り。

店名:コム・フォー 丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内1-6-4 オアゾ ショップ&レストラン B1F
電話:03-3216-0564

大阪府大阪狭山市で隠れた名店、「カレーハウス杏具(アグ)」。

このカレー屋、自宅を改装したという店舗で、一見わからないカレー店らしくないカレー店。
隠れ家的な喫茶店といっても良い外観をしていて、それはそれで面白いです。

そしておすすめなのは店内のつくり。外見からは想像できないほど、優雅です。
庭の植物が見える大きい窓から日が差し込み、薪を使った大きなストーブ(実際に薪を入れて火を大きくしてくれたりします)、広くてモダンな洋風な店内(レンタルルームになる和室もあるそうです)、その中を落ち着いたクラッシック音楽が流れています。

カレーを食べている時はもちろんですが、食後出てくるのコーヒーなどを飲んでいる時も贅沢な気分になります。
なんというか、そう、ドラマででてくるようなTHE 奥様の優雅な時間という雰囲気を味わえます。
接客も落ち着いていて上品で丁寧です。

肝心のカレーですが、おいしいです。
さまざまなスパイス調味料を合成していて、ちょうどよい辛さ、上品さがあります。
ランチイムにあるロースカツとヤサイ1000円がお得。

他にも杏具カレー800円、ロースカツ1300円、1日5食限定の杏具の小箱1500円というのもあります。
時間は11時から15時。
夕方は18時から20時30分。
第2木曜日と4木曜日が休み(不定休あり)です。

店名:カレーハウス杏具(アグ)
住所:大阪府大阪狭山市大野台4丁目10-5
電話:072-366-8585